有限会社藤城工務所|木造注文住宅|新築|増改築|リフォーム|家具製作|富山県中新川郡

qrcode.png
http://fujikikoumusho.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

有限会社藤城工務所
【本 社】
〒930-0263
富山県中新川郡立山町
大清水531-2
【事務所・ショールーム】
〒930-0263
富山県中新川郡立山町
大清水537-2
TEL/FAX.076-462-2144

───────────────
1.木造注文住宅
  (新築・増改築・リフォーム)
2.家具製作

───────────────
富山県知事(般-22)第13946号

 
009407
 

風が通り抜けるエコハウス第2章

 

日々のくつろぎと休日の楽しみを満喫する家

日々のくつろぎと休日の楽しみを満喫する家
フォーム
 
天井工事
2018-06-19
外部の工事の書き込みが先行していましたが、内部では大工工事も進行中
 
今回は天井工事です。
通常、断熱材は家の外周部に入るのですが、このお宅ではそれに加えて1階の天井と2階の床の間にもグラスウール24K
が充填されました。そのわけは・・・「音」です
 
今の家はサッシの性能向上もあり、気密性が上がっています。
外部からの音は聞こえにくいのですが、その分家の中の音は反響します一長一短仕方がない事ではあるのですが、
今回は施主様の意向もあり、「1階の作業音が2階に伝わるのを低減する」役割としてグラスウールの充填を採用しました
(※2階の音が1階に伝わるのを低減する場合は施工方法が異なります)
 
その後、クロス下地となる石膏ボードや(有)藤城工務所の定番ともいえる、米栂の羽目板が天井に張られていきます
今回の米栂羽目板は玄関とリビング・ダイニングです
あまりしつこく木を使いすぎないところが、完成した時にスッキリと見えるポイントです
 
気密工事
2018-06-15
気温が上がったり下がったりの日々で、衣替えした服をもう一度取り出すほどですね
こんな時は無理せず、体調管理に努めましょう
 
さて外壁貼りも進んでいるのですが、もう一つ外壁前に大切な工事です
電気屋さんが外部に開けた換気扇の穴、大工さんが取り付けた金物の外部への貫通部。
これらの隙間をしっかりと埋める(気密)ウレタンを充填する(断熱)です
 
見えなくなってしまう部分=あとあと直せない部分ですから念入りな施工と念入りなチェックを繰り返しました
 
ここまで来たら、安心して外壁工事です
 
水切り工事
2018-06-08
外壁を貼る前には、雨対策として重要な水切り工事をしっかりと行い、
チェックしておくことが重要です
 
水切りとは、板金工事になるのですが、言葉の通り、水をしっかり切る。為の部材です
 
取り付けは、外部からの水の侵入を防ぐための施工と、コーキングの劣化などから長年で壁の裏に水が浸入した場合に
その水をしっかりと外に出すための施工の2つの用途に対応した工事が必要です
 
形状と、勾配、防水シートとの関係を熟知した職人さんの腕が出る仕事なんです
 
今回もとてもきれいに、しっかりと施工されていました
 
 
外部塗装
2018-06-05
梅雨も近づいてきましたが、まだお天気の良い日もあってくれるおかげで
外部工事も順調に進んでいます
 
外壁工事に掛かる前にいくつかの工程を済ませておく必要があります。
そのうちの一つが外部の木部塗装です
 
(有)藤城工務所の新築では屋根周りを木の化粧で見せることが多いので、外壁を貼る前に
屋根周りの塗装を完了させる必要があります
木部の塗装はすべて2回塗りなのですが、それでも色落ちのしやすい部分には他よりも強力な塗料を
塗っています。
メーカーも違うので、サンプルを使って色合わせを行い塗っています
違う塗料が塗られている部分がわかりますか
 
うまく馴染んでいますね
 
次回は外壁前のもう一つの大切な工程の「水切り」です
 
サッシ
2018-05-31
引き続き大工さんの仕事です。
 
金物取り付け後、外壁面に透湿防水遮熱シートが貼られ、サッシが取り付けられました
 
サッシは施主様のご希望から、いつもの樹脂サッシペアガラスからもう1ランク性能がアップしたトリプルガラスタイプに
なっています
 
サッシの取り付けは防水シートとの兼ね合いが重要な施工です。
サッシはあくまで縦枠と横枠が組まれた形になっていますので、長年でサッシそのものからの漏水もあり得なくはないのです
回りくどい言い方ですが、つまりこれまでに何度かサッシ本体からの漏水を見てきたという事です
 
ですので、サッシの取り付け部分の下部には防水シートを巻き込み、万が一水が回っても外に排出できるように、
木部を傷めないように施工することが重要なんです
 
又、サッシの外周部は防水シートとの間をしっかりと防水テープで張り付けます
 
さて、サッシが入ったところで瑕疵保険の第三者機関による金物検査と、認定低炭素住宅の中間検査の2回の検査を
受けました。ともに指摘点無くパスしました
 
他の機関による検査を受けることは、私はもとより施工する職人さんにとってもいい事です。
しっかりとした施工が認められることでモチベーションもあがりますね
 
<<有限会社藤城工務所>> 〒930-0263 富山県中新川郡立山町大清水531-2 TEL:076-463-2822 FAX:076-463-2822