有限会社藤城工務所|木造注文住宅|新築|増改築|リフォーム|家具製作|富山県中新川郡

qrcode.png
http://fujikikoumusho.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

有限会社藤城工務所
【本 社】
〒930-0263
富山県中新川郡立山町
大清水531-2
【事務所・ショールーム】
〒930-0263
富山県中新川郡立山町
大清水537-2
TEL/FAX.076-462-2144

───────────────
1.木造注文住宅
  (新築・増改築・リフォーム)
2.家具製作

───────────────
富山県知事(般-22)第13946号

 
007909
 

現場ブログ

 

中廊下をLDKと一体に、光と風を呼び込むリフォーム

中廊下をLDKと一体に、光と風を呼び込むリフォーム
フォーム
 
完成しました
2016-04-30
連休前ギリギリですが(すでに連休かもしれませんが)完成しました
 
今日の午前中に掃除してそのままお引渡しです
永らくご不便をおかけしました
 
ダークブラウンのキッチンやカウンター・柱などがポイントになり、そのほかは明るい色味で仕上げましたキッチン側が南なので、居間にも光が差し込み、明るいLDKとなりました
施主様がもっておられた陶農館で作った子供の手形もケヤキの板にはめ込み、きれいに飾らせていただきました
施主様にも大変お喜びいただき、がんばらせていただいた甲斐もありました
 
今後ともメンテナンスなどを通して、末永くよろしくお願いいたします
 
キッチンと柱
2016-04-25
床が仕上がると今度は壁を仕上げていきます
 
キッチンを取り付ける為の対面カウンターの壁を作り、キッチンが収まりました
一気に仕上がってきた感じがしますね
 
キッチンの脇にある柱は壁紙で巻くという手もあるのですが、そうするとごつく見えたり、なんだか邪魔な存在に見えたりしますそうではなくて、この空間にあるべくして有る。重要な柱なんだ。って感じにしたいので、化粧の杉板で巻きました
柱は柱として見せる。これがモットーです
 
この後は内装工事です。連休前に完成を目指します
 
床工事
2016-04-20
つづいては床工事です
 
年数の経過した家は床の不陸が大きいので、どこを基準に修正していくか、が大事です
今回の工事では、床組までは触らずに床上での工事ですので、居間の敷居の高さの中での調整となります。
まずは、一度床下に潜り、床束の状態を確認しました。緩んでいる束にくさびを打ち、ビスでしっかり固定しました
その後、床上に高さ調整の根太を打ち、可能な限り断熱材を入れました。
その上に今までは1重貼りだったところを、構造用合板+フロアの2重張りにしました
 
しっかりとした床が出来上がりました
 
天井・壁下地
2016-04-18
補強が済むと、天井・壁の下地工事に掛かりました
 
DKの天井は下地が多く入っているので、現在の天井の下に木下地を行いますが、廊下部分は下地を入れないタイプの和風天井材が当たっていたので、新たに木下地を作ります
その後、天井を先行して、クロス下地となる石膏ボードが貼られました
 
壁はもともとの壁に下地を取り付ける部分や、収まりの悪い部分は壁をめくって、下地を作ります。
又、建具のあった部分を壁にするところもある為、ほかの壁と合わせて面を揃えるように下地を作ります
 
下地工事はなかなか時間がかかるので、進んだ感が薄いのですが、工事は重要な部分なので、仕上がりを考えながらの作業となります
 
解体~補強
2016-04-15
いよいよ、廊下とDKを一体とする為に解体が行われました
 
廊下のあったところまで光が差し込みます
 
キッチンのレイアウトに合わせて柱を1本抜きました。
すぐに、補強の梁を取り付けて、家の強度を保ちます
もう一本、柱が残りますが、ここまでは抜けません
使い勝手にどうしても不都合でない場合は、残す。これも改装の味であり、単調ではない空間を演出してくれるいい素材になるんです
 
空間が出来たら、天井・壁下地へと進みます
1
<<有限会社藤城工務所>> 〒930-0263 富山県中新川郡立山町大清水531-2 TEL:076-463-2822 FAX:076-463-2822